子宮癌
子宮癌には大きくわけて、子宮頸癌と子宮体癌の 2 つがあります。
子宮頸癌は図のように子宮の入り口にできる癌で、子宮体癌は子宮の奥にできる癌です。
一般に子宮癌検診として人間ドックや婦人検診で広く行われてきたのは子宮頸癌検診で、
子宮体癌検診は行われる事がありませんでした。
しかし、近年、生活習慣の欧米化にともない、子宮体癌が増えてきています。
今や、子宮頸癌と子宮体癌両方の検査は必要不可欠となっています。
最低でも 1 年に 1 回の検査が必要です。