子宮内膜症
子宮内膜症について
通常、子宮内膜は子宮の内側だけに存在するものですが、なにかの原因で、これが子宮の内側以外に発生する
と、この異所性組織も、本来の子宮内膜と同じく女性ホルモンの影響を受けて、性周期に応じて出血を起こしま
す。
これが子宮内膜症です。
子宮内膜症は、女性ホルモンの作用によって増殖、進行するわけですから、月経のある女性だけに起こります。
子宮内膜症の症状
月経痛
子宮内膜症の症状のうち、最も多いのが月経痛です。
月経中やその直前・直後に発作性の激しい下腹痛や腰痛があり、日常生活に支障をきたす事もあります。
下腹痛、腰痛、排便痛
これらの痛みは、月経に伴って起きますが、月経以外の時でも起こり得ます。
性交痛
性交時に痛みを伴う事もあります。 これは月経前に最も強くなりますが、痛みの程度は人によって異なります。
月経過多、不正出血
月経過多や不正出血は、子宮内膜症でも起こりますが、特に子宮腺筋症に多く起こります。
不妊
不妊症は、子宮内膜症の重要な症状の一つです。
月経痛などの痛みがまったくないにもかかわらず、子宮内膜症が進行して不妊症になる人もいます。
子宮内膜症の診察と診断
内診
内診は、医師が触診によって子宮や卵巣の状態を調べる診察です。
これによって、子宮に可動性があるかどうか、腫れやしこりがあるかどうか、あるいは特定の個所に限った
痛みがあるかどうかなどを見ます。
このような診察は、患者さんに羞恥心や不安をもたらすかも知れませんが、子宮内膜症の診断には欠かせ
ないものですから、気持ちを落ち着けて受診して下さい。
血液検査
子宮内膜症と他の病気を判別するために、血液検査を行う事があります。
超音波
痛みを伴わない簡単な検査です。
卵巣にチョコレートのう胞があるかどうか見るのに有用です。
MRI
多くの画像情報が得られるので、他の病気との鑑別をするのに役立ちます。
腹腔鏡検査
子宮内膜症を最も確実に診断できる方法は、腹腔鏡検査です。
お腹に穴をあけて、腹腔鏡をいれて直接目で観察するものです。
子宮内膜症の治療
薬物療法
子宮内膜症の薬物療法の基本は、ホルモン療法です。
ホルモン療法は、子宮内膜症が女性ホルモン依存症の疾患である事から、ホルモンの分泌を抑える
働きのあるホルモン剤を投与して月経を止め、病巣の進行を抑制・縮小させる治療法です。
腹腔鏡直視下手術
腹腔鏡をお腹の中に入れ、器具を用いて病巣を除去する手術です。
切除する方法、焼灼する方法、レーザーで蒸散させる方法があります。
この手術は生殖機能を維持する事ができ、軽度から中度の人に適しています。
開腹保存手術
子宮内膜症が腹腔鏡下では対応できないほど進んでいる場合、下腹部を約 15 cm 切開して手術します。
生殖機能は温存されますが、約 2 週間の入院が必要です。
子宮全摘術と両側卵巣摘出術
開腹して子宮を摘出すると同時に、子宮内膜症の病巣を完全に取り除きます。
重度の子宮内膜症の場合、子宮腺筋症の場合などで、出産適齢期を過ぎた人や出産を望まない人を対象に
行われます。
子宮とともに両側の卵巣・卵管を摘出する可能性もあります。